<vol.52>伊豆~池代川(那賀川の支流)
仕事を通して知り合った知人と久しぶりに渓流の釣りに出かけた。
彼は福岡にも6年ほど赴任しており、九州の川事情も良く知っている。
彼はエッサマン(餌釣師)であるが、それはそれで違う世界を持っており話にも厚みが出るというものでなかなか面白い。
朝の3時に出発し、暗い夜の高速をひた走り3時間程度。
西伊豆を流れる池代川という那賀川の支流。
ここは、多摩川とは何もかも異なる。
水も清く、そこに住む魚も実に美しい。
主たる魚はアマゴ。ヤマメに朱斑を散りばめた模様をしている。
サツキの時期に川を遡上し、産卵の準備に入ることから、親魚はサツキマスと呼ばれる。
長良川の河口堰問題で話題になった魚の一つ。
二人、上流と下流に分かれて入渓する。
そこからは1時の待ち合わせまで約6時間程度、一人の世界。
孤高の釣り師と化し自然と同化する。
水の流れの音、そして蝉の鳴き声に全てが打ち消される。
入渓後、すぐに反応が・・・。
小ぶりの少しやせ気味のアマゴちゃん。
c0176941_2225012.jpg

水流のないところで写真を撮ってしまい、水がよどんでいて今ひとつ。
c0176941_2243879.jpg

その後はパッタリ。
したがって辺りの写真ばかり。
c0176941_226537.jpg

鹿もいるようです。
c0176941_2274262.jpg

彼岸花も美しく咲いていました。
c0176941_2283187.jpg

帰りは狩野川に沿って帰って来たが、鮎釣師でビッシリ。
鮎釣りはお金がかかるのでやらない。
c0176941_2214363.jpg

by 1040turikiti | 2009-09-12 23:59 | fly fishing