<vol.149>小さくても鯛
朝から洗濯やクリーニングの依頼などを済ませ、今日は釣り情報の収集から。
自宅近くの大型釣具店を2件訪問。
どちらも情報としては大した収穫はなかったが、低価格の磯竿を発見005.gif
昨年、東京にいた時から購入を迷っていたが、2号5.4mで3,980円に負けて即購入。
竿を購入したからには、やっぱり釣りに行きたくなるものだ。
考えの末、福岡に転勤した時からずっと考えていた志賀島に行くこととした。
志賀島といえば、福岡県民に知らない人はいない。
なぜなら歴史の教科書に必ず出てくるから。
c0176941_12273651.jpg

金印公園前で撮影。
c0176941_128982.jpg

こんな石碑がある。
c0176941_1282753.jpg

金印公園から福岡の町並みを望んで。
福岡タワー、ドームが霞の先に見えます。
c0176941_12123267.jpg

福岡は太宰府政庁と古代中国との交流が盛んだったという訳です。
歴史は今一不得意なのでこの辺まで。
さて、志賀島のどこに行くかということなのだが、過去にいい釣りをしたことのあった弘の波止に行くことに。
テトラポットが入り足場が悪いのが難点。
c0176941_12111196.jpg

沖合いには能古島が見えます。
c0176941_1219390.jpg

そして第1投目。
いきなりヒット005.gif
しかし、小さいが、小さくても鯛なのです037.gif
c0176941_12141237.jpg

さらにヒット。
c0176941_12144823.jpg

アジです。小さいですが食べごろなのです034.gif
後はずっとこれの繰り返し、釣っていたらそれだけ数がかかるというぐあい。
やがて、暗くなりウキも見えなくなってきたので終了。
釣果はこんな感じ。
c0176941_12205041.jpg

大きさの比較対象となるクーラーが小さいと、魚が小さくてもまんざらでもありませんね037.gif
このクーラーは昨年の誕生日に東京の職場仲間から頂いたもの。
その時は自分が福岡に転勤になるとは想像もつきませんでした。
はて、来年の夏はどこにいるのでしょう?

帰りは福岡の実家に寄って、母親に刺身と唐揚にしてもらい美味しく頂きました。
たまには食べられる釣りもいいものです。
by 1040turikiti | 2010-09-04 23:59 | 日常