<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
<vol.155>あっち授業参観
今日はあっちの授業参観。
お父さんにとっては、なかなか機会のない授業参観。
あっちの下駄箱です。
c0176941_2038950.jpg

まずは算数の授業。
大きさを比べる問題です。
みんな、ちゃんと先生の話を聞いています。
c0176941_20433295.jpg

あっちは先生に直接質問です。偉いです045.gif
c0176941_2045377.jpg

積極的に手も上げています!029.gif
c0176941_20461716.jpg

習字です。
良く書けてますね。
c0176941_2047525.jpg

c0176941_20471785.jpg

次は生活の授業で、折り紙です。
講師は地域の老人会の方です。
c0176941_20491249.jpg

先生の折り方を良く観察していますね。
c0176941_20502413.jpg

先生にも積極的に教えてもらいます。
c0176941_2051493.jpg

楽しそうに折っていますね。
c0176941_20514494.jpg

さあ、お父さんはもう帰る日です。
最後はあっちとキャッチボールで締めました。
毎回、帰る度にあっちは上手になっていますね。
次がまた楽しみです。
c0176941_2054012.jpg

by 1040turikiti | 2010-09-26 23:59 | あつき
<vol.154>日ハム野球観戦
今日は午前中にお勉強を済ませて、午後から日ハムの野球観戦です。
集中して勉強にとりくむあっち。
c0176941_20325775.jpg

札幌ドームの前にて。
c0176941_20333617.jpg

マスコットと一緒に。
c0176941_20342325.jpg

独特の空気が漂う野球場です。
c0176941_20352518.jpg

by 1040turikiti | 2010-09-25 23:59 | あつき
<vol.153>紫蘇焼酎のふるさと
紫蘇焼酎に鍛高譚(たんたかたん)というのがあるが、今回は北海道釧路市の隣にある白糠町の鍛高という土地を流れるダムのない自然河川での釣り。
東京に転勤になる前に行ったっきりだったから約2年ぶり。
札幌帰省時には、いつもあっちとの時間を優先して殆ど自分の釣りは全くしていなかったのだが、今回は、平日を挟んだ帰省であり、あっちもどうせ学校だからと、久しぶりの釣りを堪能した。
数時間の仮眠をとり24時に起床。
占冠から本別までの道東道が価格改正により無料。
夜道を走ること4時間。
以前は6時間コースだった白糠もだいぶ近くなった。
c0176941_2027111.jpg

気温もさすがに低く10度を示していた。
c0176941_20282366.jpg

懐かしい深夜ラジオを聴きながら目的地までひた走る。
朝もやが幻想的。
c0176941_20294477.jpg

ようやく川に到着。
川の様子は大きくは変わらないが、洪水の影響か、流芯が少しずれていた。
c0176941_20315160.jpg

久しぶりの川を覗き込むが、時期的なものか魚が目にとまることはなかった。
が、魚の着き場にフライを丁寧にトレースすると、ヒット003.gif
c0176941_20354363.jpg

やはり、魚はいるいる。
その後もテンポ良く魚の反応があり、久しぶりの北海道にしい大釣りに感動しまくり。
海から遡上して来た天然魚はパワーが違う。
大きな胸ビレがそれを象徴している。
c0176941_2038948.jpg

日も昇ったところで河口域もチェック。
せっかく来たので色々な場所を見てみたい。
河口に向かう途中にて。
c0176941_2039387.jpg

河口の様子も変わらぬ感じ。
魚っ気はあるのだが結果は惨敗。
まあ良しとして、少し上流もチェック。
魚が居そうなところには相応に着いていた感じ。
あっちが14時から習い事の都合があり、わずか7時間程度の釣りであったが、即、撤収。
帰り道は晴天に恵まれた。
十勝晴れの空は実に美しい!
c0176941_20433374.jpg

彼方には大雪山が見える。
c0176941_20442537.jpg

峠を越えて一路、札幌へ。
久しぶりの北海道釣り遠征。
それも、今はなかなか叶わぬことだけに、なおさら、目に飛び込む大自然の素晴らしさ、また、そこに育まれる天然魚に対して、その価値を再確認させられた。
by 1040turikiti | 2010-09-24 23:59 | fly fishing
<vol.152>9月の札幌帰省
9月23日秋分の日。今年は暑い夏でしたが、北海道はすっり秋です。
あっちと支笏湖に遊びに行くことに。
樽前山を眺めながらモラップに向かいます。
c0176941_18215169.jpg

c0176941_1852147.jpg

モラップに着くと天気は悪いのですが、湖面は静かでした。
以前に乗り損なったボートに乗ってみました。
樽前山をバックに。
c0176941_1874970.jpg

あっちも頑張ってこぎます。

網も持って行きました。
c0176941_18125895.jpg

岸に上陸。
c0176941_18134285.jpg

そろそろ時間です。船着場まで戻ります。
c0176941_18144448.jpg

左右の腕を上手に使ってボートをこぎます。

お父さんと記念写真。
c0176941_18162638.jpg

砂利浜に来たら、定番の石投げです!
なかなかうまくいきません。

練習するうちに段々と上手に。

雲が幻想的です。
c0176941_18225272.jpg

ポロピナイ周辺の浜で少し水遊び。
裸足では水が冷たかったようです。
c0176941_182520100.jpg

綺麗な石を集めます。
c0176941_1825578.jpg

冷たい水遊びの後は温泉に限ります。
いつものいとう温泉。
c0176941_18271268.jpg

温泉から眺める景色。北海道の素晴らしさに、ただ、ため息です。
c0176941_1828359.jpg

あっちもあたたかい温泉に気持ちよさそうです。
c0176941_1831553.jpg

お客さんが少ないので泳いで遊びます。

あっちとお風呂上りの一杯を楽しみます。
c0176941_18322562.jpg

帰り際、支笏湖をバックに一枚。
c0176941_18353311.jpg

あっという間の一日でした。
by 1040turikiti | 2010-09-23 23:59 | あつき
<vol.151>カマス再挑戦
先週、初カマスにていい思いをしたので今日も挑戦。
今回はちゃんとフライも巻いて行った。
c0176941_1754515.jpg

何と、この日はカマスのボイルが凄い005.gif
近距離でアジ子などを追っかけて表面があちらこちらで炸裂している。
c0176941_17564919.jpg

今日もこの通り沢山!
c0176941_17582493.jpg

カマスの歯はとにかく鋭い。
手を当てたら血まみれだ。
c0176941_17592166.jpg

福岡の市街地を眺めて。
c0176941_17595211.jpg

by 1040turikiti | 2010-09-18 23:59 | あつき
<vol.150>久々のFly Fishing
釣りは何より情報が命。
そんな思いを胸にお店の門をくぐった。
九州にある唯一のフライシヨップ「アングラーズシヨップげんごろう」。
店主は富良野在住時に出会ったみどりや釣具店の元店主、故勝山貞則氏を彷彿とさせる鋭い眼光。
場所は自分が通った学業院中学校のすぐ近く。
自分が中学当時からお店を構えていたそうだから、この業界としてはなかなかの老舗だ。
地域には地域独特の釣りがある。
旬のフライフィッシングを教えてもらった。
カマス釣りだ。
フライのカラー、サイズ、マテリアル、そしてシンクレート、リトリーブリズムを学んだ。
狙い場所は教えてもらった場所が少し遠いので、近場の志賀島で挑戦してみることに。
先週と同じ場所、弘の波止。
前日が飲み会でタイイングの時間もなく、当日の朝、即席で3本だけフライを巻いて行った。
数投目、いきなりヒット!
c0176941_1946114.jpg

何と、反応満点なのである。
アタリや掛かりバレも含めるとかなりの高頻度。
c0176941_19495994.jpg

しかし、何せ歯が凄いのである。
1匹釣ったらフライがボロボロ。
3本しか巻いて行っていなかったからボロボロのまま使用したがそれでもそこそこ釣れる。
フライはあまりこだわらなくてよさそう。
そうはいっても3時間弱で手持ちのフライが全滅となりジ・エンド。
久しぶりに良い釣りをした思い。

志賀島に入ってすぐ西側の防波堤。
パン粉に集魚剤を加えた撒き餌にサシアミを付けてサヨリを釣っていた。
c0176941_1957098.jpg

弘の中波止でアジ子を釣る家族。
c0176941_19592271.jpg


カマスは塩蒸しにして美味しく頂きました。
c0176941_2031259.jpg

by 1040turikiti | 2010-09-11 20:03 | fly fishing
<vol.149>小さくても鯛
朝から洗濯やクリーニングの依頼などを済ませ、今日は釣り情報の収集から。
自宅近くの大型釣具店を2件訪問。
どちらも情報としては大した収穫はなかったが、低価格の磯竿を発見005.gif
昨年、東京にいた時から購入を迷っていたが、2号5.4mで3,980円に負けて即購入。
竿を購入したからには、やっぱり釣りに行きたくなるものだ。
考えの末、福岡に転勤した時からずっと考えていた志賀島に行くこととした。
志賀島といえば、福岡県民に知らない人はいない。
なぜなら歴史の教科書に必ず出てくるから。
c0176941_12273651.jpg

金印公園前で撮影。
c0176941_128982.jpg

こんな石碑がある。
c0176941_1282753.jpg

金印公園から福岡の町並みを望んで。
福岡タワー、ドームが霞の先に見えます。
c0176941_12123267.jpg

福岡は太宰府政庁と古代中国との交流が盛んだったという訳です。
歴史は今一不得意なのでこの辺まで。
さて、志賀島のどこに行くかということなのだが、過去にいい釣りをしたことのあった弘の波止に行くことに。
テトラポットが入り足場が悪いのが難点。
c0176941_12111196.jpg

沖合いには能古島が見えます。
c0176941_1219390.jpg

そして第1投目。
いきなりヒット005.gif
しかし、小さいが、小さくても鯛なのです037.gif
c0176941_12141237.jpg

さらにヒット。
c0176941_12144823.jpg

アジです。小さいですが食べごろなのです034.gif
後はずっとこれの繰り返し、釣っていたらそれだけ数がかかるというぐあい。
やがて、暗くなりウキも見えなくなってきたので終了。
釣果はこんな感じ。
c0176941_12205041.jpg

大きさの比較対象となるクーラーが小さいと、魚が小さくてもまんざらでもありませんね037.gif
このクーラーは昨年の誕生日に東京の職場仲間から頂いたもの。
その時は自分が福岡に転勤になるとは想像もつきませんでした。
はて、来年の夏はどこにいるのでしょう?

帰りは福岡の実家に寄って、母親に刺身と唐揚にしてもらい美味しく頂きました。
たまには食べられる釣りもいいものです。
by 1040turikiti | 2010-09-04 23:59 | 日常