<vol.6>網走サーモン釣行
今回は久しぶりに富良野の名人とオホーツク遠征。少し時期が遅れていると言われているサケを狙って。しかし、サケなどの群れ次第の魚はタイミングを合わせるのが非常に難しい。ボウズを考慮して途中の道東のダムで保険釣り。ダムに着いたのは17時。この時期の日は短い。あっという間に暗くなり、殆ど夜釣り。二人ともサイズは小さいが1匹ずつニジを釣り上げたところで即、撤収し網走に向かった。網走では銭湯に入り、釣り場に向かう。暗くて様子が分からないがとりあえず人はいない。弁当食べてスヤスヤと車中泊。朝5時起床。起きてみるとなんと周りは人で一杯。早速、支度を済ませて実釣。二人とも初めての場所で状況が良く分からない。そうこうしている内に札幌からの通い組みと思われる二人が後から訪れ、あるポイントにまっしぐらにウエーディングしていった。
c0176941_10564870.jpg

様子を観察していると、その辺りで盛んにサケが跳ねている。どうやらサケがその辺に溜まっているらしい。30分もしない内に2人とも1匹づく掛けていた。近くにいって観察。ラインはシンキング、フライはチェーンボールのシュリンプ赤。リトリーブは30センチ間隔をやや速めに。スレではあるが掛けるのにはより近い釣り方であることは分かった。われわれも並んで狙うが全然ダメ。群れが古くて食い気はない。フレッシュ・ランが入らないと厳しいようだった。フローティングで食わせる正攻法では釣果は望めなかった。そのまま朝のゴールデンタイムは過ぎてしまった。ただ1度だけ大きく引っ手繰られたが、おそらくスレたのだろう。針には鱗だけが残っていた。潮位も上がり釣りずらくなってきたので、その場を後にし、来年に繋げるためにも他の場所も見に行った。鱒浦、止別の場所もチェック。外海は波と風が強く釣りにならなかった。結局、海はそこで諦め来る途中に寄ったダムで釣りをして帰ることに。ダムでは暗くなるまで2時間くらい釣りをしたが、30-40クラスのニジとアメが釣れた。
c0176941_10594391.jpg

c0176941_1111618.jpg

# by 1040turikiti | 2008-10-12 23:59 | fly fishing
<vol.5>サーモン・ウォッチング
今日はあっちと自宅から車で15分位の所に流れている琴似発寒川に遡上してくるサーモンウオッチング。といっても今年はサケの遡上が遅れていて、数匹確認した遡上魚は全てサクラマスでした。
c0176941_237934.jpg

しかし、サケに代表される遡上魚のこうした習性は実に神秘的です。カラフトマスはいい加減のようですが、シロザケに関しては確か母川回帰率が90%以上だったと記憶しています(怪しい!でも一応、私の学生時代の卒論テーマは「まさに「サケの母川回帰」についてでした。)。一度、海に出てアラスカ近海にまで行った魚がどうしてこんな小さな川までまた戻ってこれるのか。方位磁石と川の匂いにより母川を識別しているとの説が有力のようですが何か神秘的なものを感じます。「科学は神を超えられない」と何かの映画の字幕スーパーで読んだことがありますが、そんな感じです。たくさん卵を産んで豊かな川を育んで欲しいと思います。
c0176941_232256.jpg

# by 1040turikiti | 2008-10-05 18:08 | あつき
<vol.4>ボストン釣行記
思いもよらぬ突然の海外遠征。数週間も前から情報収集に明け暮れました。アメリカでガイドをやっている方にメールして凡その海外の釣り事情は把握できたものの何せ海外がはじめてなのです。関門海峡と津軽海峡の2つの海を渡った程度の九州の田舎モンです。
ボストンの釣りについてはマグロ釣りは有名でしたが、その他については結局、現地入りして情報収集するしかなかった為、ネットで検索に検索。やっと見つけたのがオービスのボストン店。とりあえずここで情報をとることにかかっていました。したがって、抜かりのないようにあらかじめ質問事項をまとめてそれを英文化したものをお薬手帳という薬局ツールにまとめて持参。
ボストンではまずオービスの店を発見するのに一苦労。今にも銃で撃ち殺されそうなおっちゃんや強面の黒人さんなどに道を尋ねつつやっと発見!同伴してくれた増田さんと本間さんありがとう!
c0176941_0523126.jpg
しかし、勝負はこれから。いかにして情報をとるかです。とりあえず持参したお薬手帳をカンニングしながら身振り手振りのコミュニケーションの開始。お店のビル・ウィルソンさんという店員の方も英語の分からないジャップ相手に親切に一生懸命説明をしてくれました。なんとか、釣り場と釣りに適した時間、フライ、棚についての情報をもらえたので一安心。翌日の釣行にワクワク。翌日は食事を済ませるや否や早速、目的のチャールズタウンブリッジのたもとにある桟橋ポイントへ。ここはチャールズリバー最下流にある橋の下。潮の干満の影響のある汽水域。この晩は結局ノーバイト。次は翌々日の終日フリーの日に再挑戦。朝まずめに本間さんと5時半出発。薄暗い中、釣行開始。6時くらいに何とヒット。しかし、ラインブレイク。ラインが痛んでいたのか歯でやられたのか不明。
その夕まずめに再挑戦。なかなかヒットせずに時間だけが過ぎていくが夜の9時くらいに街頭下で表層を引いているといきなり食い損ないでガボッ。いるいる!と思い表層をしつこく引っ張っていると何とヒット!手前に右に左に激しく走る走る。ドラグも心地よい悲鳴をジージー鳴らしてカラフトマス級の強い引き。しかし、その後ポロリとはずれる。「何でよ~!」結局、ボウズという結果でボストン釣行を終えたのでした。後でアメリカでガイドしている岩崎さんに聞いてみましたが、おそらくブルーフィッシュだろうということでした。写真も残念ながらなしです。というわけで、記録はないですが記憶に残る思い出深い釣行記となりました。
c0176941_0472838.jpg

# by 1040turikiti | 2008-09-29 23:29 | fly fishing
<vol.3>石狩浜に貝採り
今日はあっちと石狩のサケ祭りの後に東埠頭右岸の浜に貝採りに行った。夏の海水浴の際に貝が採れることはすでにチェック済みだったので、少々高かったがフィッシュランドで採取器を購入。友人の伊奈達にも声をかけて現地に向かった。
c0176941_1152054.jpg

採るのに夢中になって肝心の貝の写真はないがなかなかの大漁。明日からお父さんはアメリカ出張なのですが、飛行機が落ちた時のことも考慮して準備もままならないのですが思い出を一つでも作っておきたかった次第。
c0176941_121434.jpg

来年はもっと採るよ~!
c0176941_1225958.jpg

# by 1040turikiti | 2008-09-20 20:30 | あつき
<vol.2>オホーツク・カラフトマス釣行
今年もオホーツクにカラフトマス狙いに一人ひた走った。現地に4時ごろ到着。まだ辺りは暗い。砂浜の駐車ポイントを探っていたら見事にはまってしまった。するとまもなくして1台の車が入ってきた。3人で押してもらい何とか復活。するとびっくり。akaさん一派だった。昨年の阿寒湖依頼で久しぶりの再会だった。時期に朝日が昇り始めて今日の釣りの幕開けである。
c0176941_23465641.jpg

周りは釣れていないし群れも見当たらない。しかし、そうこうしているうちに群れがやってきた。背びれを水面から出して群れが接近。そこからは興奮&ヒットモード。
c0176941_2351961.jpg

銀ピカのメスです。ちゃんと口に食ってますよ!
c0176941_2354884.jpg

オスも貫禄があり立派です!
c0176941_2356074.jpg

帰宅後はあっちとクッキングタイム!あっちの大好物のイクラの醤油漬けを作ります。ボールの中でいくらをほぐして筋をとります。どんぶりでも何杯分ものイクラが取れます!うまそー!
c0176941_011314.jpg

この後、冷蔵庫の中でイクラをこぼしてしまう事件がありましがなんとか美味しく頂くことができた。これが最高においしかった。切り身は一切れずつラップに包んで冷凍。近いうちに燻製にしようと計画中。
# by 1040turikiti | 2008-09-08 23:36 | fly fishing