<vol.55>秋のめぐみ
今日は天気が今ひとつ。
昨晩、遅くまで起きていたせいもあり、あっちは10時頃のお目覚め。
朝一はお決まりのトミカ遊び。
c0176941_17571930.jpg

その後は大学の森公園にお出かけ。続いて近くの公園に移動。
そこではあっちが逆上がりをご披露!のはずでしたが・・・・。

途中、またワンワンにちょっかいをかけます。いつも、気持ちよさそうに寝ています。

そこで不思議な囲いを発見!
あっちに聞いたところ、猫が砂場に入らないように囲いをしているとのこと。初めてこんなものを見た!
c0176941_1813715.jpg

続いて、車で出かける事に。
最初は、小樽の朝里川公園にちょっと寄り道して、小樽水族館に行くつもりだった。
まず、川があったので竿を出していたずらしてみた。
するとヤマメやウグイが以外にも釣れた。なかなかいい川かも?
水もなかなか綺麗だ。
c0176941_1834889.jpg

遊具もあったので少し遊んでみる。
c0176941_1843323.jpg

長い滑り台もやってみた。

ちょっと寂れた公園だし、この辺にしておくかと、車に乗って帰ろうとしたその時、川原の茂みを見ながら袋に何やらびっしり詰めて歩いているおじさんを発見!
春の山では山菜、秋のこの雰囲気では山葡萄しかない!013.gif
あっち!多分、あのおじさんはブドウを採ってるんだと思うぞ!と言って車をまた降りて茂みを眺めながら少し歩いて見ると、やっぱりあるある!005.gif
少し高い所だがブドウが一杯ぶら下がっている。
c0176941_18122643.jpg

木に登ったりひん曲げたりして、この通り結構採れました。
c0176941_18115744.jpg

両手に持つとこんな感じ。
c0176941_18125751.jpg

車に積んで持って帰ります。
c0176941_18142797.jpg

自宅にて。
c0176941_18153116.jpg

というわけで、今日は山葡萄採りにハマってしまい小樽水族館には行きませんでした。
今日は、お金もかからず楽しい遊びが出来ました。006.gif
摘んでそのまま食べることだけしか想定していなかったのですが、あっちがジュースにしたいと言い出した。
じゃあ、やってみようということで、ぶどうの実を濾し器に入れて潰します。
c0176941_21461253.jpg

ひたすら潰します。

もっとたくさんです!

お父さんと一緒にやります。

一番搾りです。
c0176941_2202724.jpg

試しに飲んでみます!

コップについで飲んでみます。
c0176941_2231034.jpg

今日も楽しい一日でしたね。
お休みなさい。014.gif
# by 1040turikiti | 2009-09-21 18:17 | あつき
<vol.54>洞爺・支笏国立公園~樽前山登山
今日は朝から快晴。
少し風が強いのが気になったが、支笏湖に隣接する樽前山に登ることに。
この山には職場の仲間に教えてもらい一昨年にも登ったことがある。
1時間程度で頂上まで登れるし、周りの景色はお見事の一言に尽きる。
登山口で登頂を二人で約束して記念撮影。
c0176941_205241.jpg

途中であまりの美しさに一枚。バックに広がる支笏湖の湖面の色が実にすばらしい!
c0176941_20525711.jpg

こんな花も。
c0176941_2055493.jpg

ウィキペディアで調べたところ次のとおり。花ではなく実でした。

■シラタマノキ(白玉の木 Gaultheria miqueliana)はツツジ科の常緑小低木。同属のアカモノの果実は赤く、本種は白い果実をつけることから別名シロモノと呼ばれることもある。
中部以北の亜高山帯以上の草地等、比較的乾燥した場所に生える。高さは30cm程度。葉は互生し、鋸歯を持つ楕円形で3cm程度の大きさ。花期は7-8月で、5mm程度のドウダンツツジのような釣鐘型の花をつける。9月頃、萼が肥大して果実を覆い、白い玉状になることからシラタマノキの和名がある。これを潰すとサリチル酸の臭いがする。

苫小牧の町と日本海も見えます。
c0176941_20553790.jpg

風が凄い中、ぐんぐん登って行きます。

火口付近の様子。ガスが発生しています。
c0176941_20573641.jpg

登山道と日本海。
c0176941_2058318.jpg

頂上に到達。
あっち、よく頑張りましたね。しかし、なんせ強い風。吹き飛ばされそうでした。
c0176941_2103068.jpg

頂上から支笏湖を望んで。
c0176941_2122498.jpg

バックには蝦夷富士(羊蹄山)も見えました。
c0176941_2135169.jpg

登山道から下を見下ろすと・・・。転げて落ちていきそうです。
c0176941_2145688.jpg

c0176941_2154925.jpg

最北端の不凍湖といわれる支笏湖。カルデラ湖で少し先からドン深の湖。
水の美しさとその深さから、すばらしい色合いをかもし出す実に美しい湖。
c0176941_218175.jpg

山を下りてきて一息。
c0176941_2191068.jpg

二人で一緒に。
c0176941_2195865.jpg

支笏湖・モーラップキャンプ場にて。
c0176941_21111183.jpg

手前の濁っているところは浅いのですが、その奥の青い所はすご~く深いのです。
学生時代に泳いだことがあります。ゾッとする深さです。
船に乗りたいというので・・・。
c0176941_21134625.jpg

でも実はこの船は陸揚げされた船。
波が高くて船は出せませんでした。007.gif
緑に包まれた湖畔の道路を駆け抜けます。
c0176941_21155692.jpg

支笏湖畔で遊ぶことに。
c0176941_2118747.jpg

いつの間にか水遊びモードのパンツ姿に。さっき登った樽前山をバックに。
c0176941_211906.jpg

快晴に恵まれ、北海道の雄大な自然の中、贅沢な水遊びでした。

釣りもしてみました。釣れるとは思わず遊び半分だったのですが、ほらこのとおり。
c0176941_21205088.jpg

ウグイのキューちゃん(ウグイは釣り上げるとキューっと鳴くので釣り師の間でそう呼ばれる)が相手をしてくれました。
あっちもキューちゃんをじっとさせてあげません。掴んでは放しては遊んでいます。
まっ逆さまに落としたりして・・・015.gif
c0176941_21405755.jpg

パタパタッと3匹釣れました。
c0176941_21265583.jpg

日も落ちて寒くなってきたので温泉に行くことに。
支笏湖には高級の丸駒温泉と、庶民派のいとう温泉があります。
当然、あっちとお父さんの行き先は、いとう温泉。
c0176941_2130524.jpg

露天風呂は最高に気持ちがいいです。すぐ奥は支笏湖です。
c0176941_21311898.jpg

露天風呂にて。
c0176941_21332393.jpg


風呂から支笏湖を望んで。
c0176941_21334735.jpg

いいお風呂でしたね。帰り際に一枚。すっかり辺りは真っ暗です。
c0176941_2135264.jpg

今日も一杯遊びましたね。
帰りはいうまでもなくあっちはぐっすり。
# by 1040turikiti | 2009-09-20 21:35 | あつき
<vol.53>秋の気配
9月の札幌帰省。
すっかり朝晩は冷え込み、風に煽られた木々が多くの葉を道端に舞い散らす。
休み初日は早朝からさっそくあっちに起こされ、ゆっくりできたもんだじゃない。
おみやげのボンタンあめを手に一枚。
c0176941_20205363.jpg

そして、朝一はお決まりの積み木遊び。今回は最近ハマっている電車ごっこ。

大学の森公園に自転車で遊びに出かけることに。
途中、いつものワンワンにご挨拶。
日向ぼっこして気持ち良さそうです。
c0176941_20240100.jpg

シーソーで遊びました。

ハコベで相撲あそびもしました。

それから、一旦、家に戻り、サッポロさとらんどに遊びに出かけることに。
c0176941_2027427.jpg

ソフトクリームも食べました。風も吹いていて少し寒かったですね。
c0176941_20275083.jpg

牛さんとも遊びました。
c0176941_20281949.jpg

c0176941_20292543.jpg

札幌酪農の歴史の碑もここにあります。
c0176941_20392451.jpg

羊にも餌をあげました。
ちょっとビビッてます。
c0176941_2041467.jpg


コスモスも見事に咲いていました。
c0176941_20442678.jpg

園内をドサンコの馬車が走っています。

フワフワの遊び場で。

風もあり少し寒さを感じる秋の陽気でした。
夜はすんなり寝かせてくれません。
締めのトミカ遊びです。

# by 1040turikiti | 2009-09-19 23:59 | あつき
<vol.52>伊豆~池代川(那賀川の支流)
仕事を通して知り合った知人と久しぶりに渓流の釣りに出かけた。
彼は福岡にも6年ほど赴任しており、九州の川事情も良く知っている。
彼はエッサマン(餌釣師)であるが、それはそれで違う世界を持っており話にも厚みが出るというものでなかなか面白い。
朝の3時に出発し、暗い夜の高速をひた走り3時間程度。
西伊豆を流れる池代川という那賀川の支流。
ここは、多摩川とは何もかも異なる。
水も清く、そこに住む魚も実に美しい。
主たる魚はアマゴ。ヤマメに朱斑を散りばめた模様をしている。
サツキの時期に川を遡上し、産卵の準備に入ることから、親魚はサツキマスと呼ばれる。
長良川の河口堰問題で話題になった魚の一つ。
二人、上流と下流に分かれて入渓する。
そこからは1時の待ち合わせまで約6時間程度、一人の世界。
孤高の釣り師と化し自然と同化する。
水の流れの音、そして蝉の鳴き声に全てが打ち消される。
入渓後、すぐに反応が・・・。
小ぶりの少しやせ気味のアマゴちゃん。
c0176941_2225012.jpg

水流のないところで写真を撮ってしまい、水がよどんでいて今ひとつ。
c0176941_2243879.jpg

その後はパッタリ。
したがって辺りの写真ばかり。
c0176941_226537.jpg

鹿もいるようです。
c0176941_2274262.jpg

彼岸花も美しく咲いていました。
c0176941_2283187.jpg

帰りは狩野川に沿って帰って来たが、鮎釣師でビッシリ。
鮎釣りはお金がかかるのでやらない。
c0176941_2214363.jpg

# by 1040turikiti | 2009-09-12 23:59 | fly fishing
<vol.51>Fly Fishing Shop HERMIT
今日は仕事の後、一人で水道橋まで道草。
釣友から水道橋にフライショップがあることを聞きつけたので行ってみることに。
水道橋駅から降りてすぐのところにそのお店はあった。

実は水道橋駅に来たのは16年ぶり。
1993年にポールマッカートニー(ピートルズ)のワールドツアーで東京ドームに行った時以来。

それはそうと店の様子は狭いが商品はビッシリというタイプのお店。
店長さんの愛想はまあまあ044.gifといったところだが、実釣派でいろんな情報は持っていた。

近くにお気に入りのお店と釣り場があればいいもんだ。016.gif

未だに東京は良く分からんが、また一つ視野が広がった感じ。

しかし、帰りに失敗した。

電車を間違った。007.gif

途中、乗り換えるところを行き過ぎてしまった。

水道橋から東京まで行くのに1時間もかかってしまった。015.gif

本当は15分くらいだろうか。

東京は難しい!013.gif
# by 1040turikiti | 2009-09-10 23:12 | fly fishing