<vol.60>ランドマークタワーの傍らで
東京ではスズキのソルトゲームが盛んだ。
平たく言うと、海でスズキのルアー釣りが盛んということ。
しかし、フライフィシャーはそれをフライで釣りたがる性分がある。
フライフィッシングの世界ではあまりにも有名な西山徹氏であるがフライで最初にスズキを釣ったのも彼なんだとか。
自分もフライフィッシングに憧れて北海道に渡り、そこそこ、その世界を学んで来たわけで、やはりフライでスズキを釣ってみたいというのが本音。
5月に千曲川の岩魚釣りに同行した内野氏が、昨年に引き続きスズキ釣りに行くというので一緒に同行させてもらうことになった。
初ジャンルの釣りということもあり、前日からまじめにフライを用意した。
c0176941_17595189.jpg

フライというよりはルアーなのであるが岩井渓一郎氏提案のいわゆるイワイミノーだ。作成時は確かに「巻く」というより「作る」という感覚。
朝6時に生麦の港より出船。
朝の冷たい空気の中、心地よい感覚で潮風を切りながら目指すポイントに向かう。
c0176941_188799.jpg


船の上からのフライフィッシング。
キャスティングにはバックスペースをとる必要がある。
同乗者を引っ掛けないよう、キャプテンの鹿内氏が舵をきり船の向きを調整する。

タンカーや防波堤などの際ギリギリをタイトにフライを泳がせないと食ってくれない。
フライを引いていると猛烈なスピードで下からフライを追ってくる。
水面を割る所まで出てくるのだが、なかなか口に入らない。
反転し、また水中へと消えていく。
チャーターしたボート1艇に3人で乗り込み、交代制で一人ずつ竿を振るわけだが、つまり他の全員に見られながら釣りをするとうもので、かつてないプレッシャーを感じる。
早く1匹をという気持ちでなかなか精神的によろしくない釣りだ。
しかし、幸いにも初スズキをゲット。
c0176941_181833100.jpg

その後、他の仲間にも順次ヒット。
タンカーの際ギリギリにフライを送り込む内野氏。船も揺れるので足元のバランスとりも大変だ。
c0176941_18225699.jpg

スズキを手に内野氏。
c0176941_1820654.jpg

ここはランドマークのすぐ近く。いつもとは逆の海から。
c0176941_1825373.jpg

その後、潮が引いて来るだけでなく水の濁りがとれ、パッタリ魚の反応がなくなってしまった。
日も昇り朝の涼しさとは裏腹にすっかり暑くなった。
船の上に長時間立って釣りをするとはなかなかハードであることがよく分かった。
フライを止めぬようにリトリーブするため左手は忙しい、かつ、右手は一日竿を振るわけだから結構こたえる。
更に、揺れる船頭に立って釣りをするので足腰の疲労が非常に大きい。
太ももとふくらはぎがパンパンだ。
幸いにも初釣行で魚の活性もあまり高くない中、数尾のスズキを掛ける事が出来た。
c0176941_18334138.jpg

これから良い時期を迎えるとの事なので是非また行ってみたい。
by 1040turikiti | 2009-10-04 18:03 | fly fishing