<vol.203>長崎遠征
夜中から車を走らせ一路、長崎へ。
とある浜辺で朝一番フライを振ってみた。
小魚が水面でざわざわと騒いでいたが、それを狙う大物の姿はなく、気がつくとすっかり日が昇ってしまった。
浜での釣りを諦め、近くの港に移動。
河口に架かった橋の上から川を除くと何やら魚の姿が。
狙ってみたら案外、あっさりとヒット。
メッキだ。
c0176941_14355983.jpg

小さいが引き味はなかなかのもの。
c0176941_1436852.jpg

その後、こんな魚も。
c0176941_14364340.jpg

これもまた小さいが、セイゴ。
c0176941_14372214.jpg

浜で数時間、何も釣れない釣りを強いられた後だったので、大満足。
釣りとは、釣れすぎてもつまらないが、全く釣れないのはもっとつまらない。

帰りは下道をゆっくりと帰ることに。
有明海の干潟を眺めながらのドライブ。
何気に立ち寄った道の駅。
何も買物はしないが、裏の干潟に何気に目をやった。
そこにはムツゴロウがいるいる。
たくさんいるのである。
記憶の上では初めてみた気がした。
元気に這いつくばって遊んでいるように見えた。

by 1040turikiti | 2011-09-11 23:59 | fly fishing