<vol.276>2013トレッキングvol.4_久住山
今回は大分県九重町の久住山に挑戦。

この日は持って行ったカメラにSDカードが入っておらず終始携帯カメラでの撮影となりました。

それと後で知ったのですが思わぬ勘違いも。。。007.gif

朝の早起きが苦手なのでこの日も夜から現地へ移動。

牧ノ戸峠の駐車場で一夜を過ごしました。

朝5時に起床してスタート。
c0176941_1320356.jpg

朝焼けが美しい。
c0176941_13224094.jpg

さて、登山開始です。
c0176941_1324426.jpg

c0176941_1323498.jpg

日の出が実に美しかった。
c0176941_13252129.jpg

少し登ったところから駐車場を見下ろします。
c0176941_1325228.jpg

沓掛山
c0176941_1329695.jpg

起伏のある道のりで尾根に沿って登山道が伸びています。
c0176941_13303978.jpg

登山道をミヤマキリシマが彩一杯にしてくれて気分を飽きさせません。
c0176941_13331137.jpg

c0176941_13342892.jpg

c0176941_13342498.jpg

c0176941_13341066.jpg

道の状態は変化に富んでいます。
c0176941_7513577.jpg

c0176941_13355713.jpg

分岐点に差し掛かります。
道行く人に聞いてみたところ、扇ケ鼻の先はミヤマキリシマの群生が奇麗とのことでした。
途中、避難所も。
c0176941_1338471.jpg

中岳との分岐です。
久住山頂の方に向かいます。
c0176941_13394032.jpg

久住山頂に到着です\(^o^)/
c0176941_13425460.jpg

オーバーヒートした体が冷たい風を受けて実に爽快043.gif
c0176941_1346720.jpg

しばし、周囲を見渡して体を休めます。
c0176941_13443717.jpg

素晴らしい眺めです。
c0176941_13455754.jpg

阿蘇方面の景色。
c0176941_13463693.jpg

深い谷が先の先まで伸びています。
c0176941_13472314.jpg

c0176941_13474817.jpg

c0176941_134851.jpg

記念写真を撮ったら下山です。
c0176941_13484487.jpg

下りも写真を撮りながら下山です。
c0176941_13495882.jpg

c0176941_1350245.jpg

c0176941_13513476.jpg

ミヤマキリシマの群生が美しい。
c0176941_13524048.jpg

小さな花も。
c0176941_13571929.jpg

こんな花も。
c0176941_1351115.jpg

ミヤマキリシマが美しく咲き乱れています。
c0176941_1358367.jpg

c0176941_13583123.jpg

c0176941_1359217.jpg

どれも美しい。
c0176941_13592599.jpg

登りはガラガラでしたが下り道はかなりの登山客とすれ違いでした。
山登りは空気も冷たいし早朝登山がいいようです。
c0176941_1405394.jpg

早々に下山しブルーベリー生ジュースを頂きました。
c0176941_1415793.jpg

続いて汗を流しに温泉へ。
筌の口(うけのくち)温泉。
c0176941_143867.jpg

褐色の色のついた源泉かけ流しの最高のお湯でした043.gif
c0176941_14162419.jpg

しかも安いんです005.gif
c0176941_1417421.jpg

すぐ横には奇麗な川が。
c0176941_14163914.jpg

帰り道には大きな吊り橋が。
c0176941_14172448.jpg

c0176941_14173810.jpg

贅沢でしたが帰り道にヤマメ料理を頂きました。
c0176941_14183858.jpg

すぐ横には玖珠川が流れており雰囲気抜群でした。
c0176941_14192345.jpg

ヤマメを食べて、一層ヤマメ釣りに火がつきました!

次回は釣り週でヤマメ釣りに挑戦。

※※編集後記
久住山を登ったのは、九重連山で最高峰と思っていたから。。。
しかし、実は隣の中岳でした007.gif
ということで、近いうちにまたリベンジです044.gif
by 1040turikiti | 2013-06-08 23:59 | トレッキング